室蘭市のベビーマッサージ教室ならTUTUへ

ベビーマッサージ教室 TuTu ベビーマッサージ教室 TuTu

夜泣きと寝かせつけの対策

赤ちゃんの夜泣きはどうして起こるのでしょうか。そして、その対処はどうすればいいのでしょう。寝かせつけの対策とともにこちらで少しご紹介致します。

なぜ赤ちゃんは夜泣くの?

夜泣きの原因のひとつとして、赤ちゃんは睡眠のリズムがまだ発達中なので、眠りが浅い時には目が覚めやすいということが挙げられます。特に生後1か月ほどはまだ昼夜の感覚がないため、睡眠のリズムが短いスパンで一定に繰り返されます。生後5か月になると赤ちゃんの睡眠のリズムが安定しだし、夜にまとまった睡眠をとるようになってきます。その頃は、睡眠中に見る夢に反応して夜泣きするとも言われています。

その他にも目が覚めた時に何か不安になったり、お腹がすいていたりする時もありますし、特に理由がみあたらなくても赤ちゃんの生理現象としてあるものなので、あまり深く考えたり悩んだりしないで大丈夫です。お母さん側もお昼寝などをして睡眠を確保し、ストレスをためないようにしましょう。

寝かせつけの対策

赤ちゃんが寝つくときの環境をしっかりと整えることは大切です。それによって寝つきも良くなり、夜泣きにも良い影響がでてくる可能性があります。特に照明の明るさ、寝かせつけ時の明るさは寝つきに関係しています。夜になると室内の電気をたくさんつけて明るくしますが、その灯りは赤ちゃんにとって少し明るすぎます。夜になると睡眠を誘発するために脳からメラトニンという物質が分泌されるのですが、光が強いとメラトニンの分泌量が減り、眠りが浅くなります。

夕方頃から室内をなるべく暗めにし、できれば間接照明などに切り替えることをおすすめします。そして寝かせつけの時はさらに暗くして、暖色系のライトで最小限の灯りにしてあげるとメラトニンの分泌も促進されます。眠った後には必ず電気は消しましょう。この他にもいくつか寝かせつけの対策はありますが、ほんの少しの対策で赤ちゃんの眠りが深くなりやすい環境に変化するので、できることから少しずつやっていきましょう。ベビーマッサージもそのうちのひとつです。ぜひお試しください。

北海道室蘭市や伊達市を活動エリアとするベビーマッサージ教室TUTUでは、オイルを使ったベビーマッサージを体験できます。ベビーマッサージ教室ではマッサージの方法や流れを丁寧にご説明致します。土日もやっておりますので、ぜひご家族とご一緒に楽しいベビーマッサージを体験してみませんか。どうぞお気軽にお問い合わせください。