室蘭市のベビーマッサージ教室ならTUTUへ

ベビーマッサージ教室 TuTu ベビーマッサージ教室 TuTu

わらべ歌を歌いながらベビーマッサージ

ベビーマッサージは、赤ちゃんとのスキンシップに最適です。マッサージをする時には赤ちゃんを安心させるために、話しかけることをおすすめしています。しかし、何を話していいかわからないという方や、マッサージ中に無言になってしまうという方へ、わらべ歌マッサージをご紹介致します。

わらべ歌とは?

わらべ歌とは、歌いながら動作や遊びをするためにつくられた歌です。昔から、お母さんが育児をしながら歌っていた歌で、ご家庭によっては独自のわらべ歌があります。

普段から歌いながら育児をしていると、少し赤ちゃんと離れて家事をしている時に赤ちゃんがぐずっても、わらべ歌を歌うことで落ち着かせることができる場合もあります。お母さんが離れて寂しさを感じても、わらべ歌を聞くことで近くに居る安心感が得られるからでしょう。

歌うのは、わらべ歌だけではなく、お母さんの好きな歌でもいいと思います。歌うことで、お母さんのストレス発散にもなるので、歌いながらの家事・育児はおすすめです。

歌いながらマッサージ

マッサージする時には、スキンシップのためにも、赤ちゃんに話しかけるのがおすすめです。しかし、ずっと話しかけるのはむずかしい時に、赤ちゃんにわらべ歌を歌いながらマッサージしてみてはいかがでしょうか。

わらべ歌には気持ちが落ち着くメロディーが多いため、赤ちゃんが安心して過ごすことができます。ベビーマッサージ教室にも、マッサージが苦手な赤ちゃんもいます。しかし、わらべ歌を歌っていると、泣き出すことは少ないです。

音感も鍛えられる

音感を鍛えるためには譜面をもとに、正確な音程を覚えることが重要です。赤ちゃんの頃からわらべ歌で育つと、耳が音楽に慣れていて、音程を覚えるのもスムーズにできます。

流れている音楽を聴くことでも音感は鍛えられますが、わらべ歌は親子のコミュニケーションにもなります。また、最初はお母さんが歌うだけでも、赤ちゃんが成長していくと、一緒に歌ったり、手や体を動かしながら歌ったりすることで発育の手助けにもなります。

室蘭市にあるベビーマッサージ教室TUTUは、赤ちゃんとご家族の心のコミュニケーションサポートができればと思っています。ベビーマッサージ教室に興味がある方も、まずは体験からいかがでしょうか。土日の参加も可能なので、お気軽にお問い合わせ下さい。